薄い言葉 ver1.01

日々思った事を詩に書いています。 まだまだ、迷走中。 コメントはいつでも募集中です。   ※悪意のあるコメント、TB等は削除したりもします。

--年--月--日 SUBJECT: スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP
2005年11月21日 SUBJECT: Real

雨の代わりに紙の束
誰もがその手に握りしめ
人の気持ちを踏みにじる
そんな作為の世の中を
憎んでこれまでやってきたけど

それも一つの正しいカタチで
間違いなんかじゃないんだと
気付いたあの日に変われたんだ

傷の代わりに声の跡
君はその手に傷を付けて
僕の気持ちを感じていたね
そんな君を嘆いてきたけど

それはきっと悲しい気持ちで
嘆く気持ちは僕の救いを
きっとどこかで待っていたんだ

全てがきっと正しい答えで
間違いなんてどこにもないと
溜息混じりに 朝日を見ながら




んー。
何かがわかった時、少し前向きになれるような。
でも、気付いた事で何かが寂しくなるような。

そんな気持ちってあるよね。
スポンサーサイト
23:58 詩のようなもの / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP
/ HOME / 赤(あか)
コメント
コメントの投稿





 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
TRACKBACK URL
http://cube2.blog36.fc2.com/tb.php/8-fddb7518
HOME


Copyright © 2004 Powered by FC2 All Rights Reserved.
Photo by Butterflyxxx  Template by lovehelm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。